一人にしない!社会福祉士の専門学校は生徒を全力でサポート

社会福祉士になるための階段~頼もしい先生がいる~

一人にしない!社会福祉士の専門学校は生徒を全力でサポート

レクレーション

採用されるために

まず、社会福祉士の専門学校の卒業が迫ってくると、講師と就職相談を行ないます。自分がなりたい職業や、本当に自分がその仕事に向いているのかという心配事も相談することができるでしょう。次に、社会福祉士の求人を出している会社の説明会に参加することをすすめられるので、時間をつくってできるだけ参加しておくのが賢明です。説明会では、会社や病院の考え方や、具体的な仕事内容などの情報を掴むことができるので、新潟で就職した後のことをイメージしやすくなるのです。それが終わると面接の準備があるので、自分の言葉で面接官に思いを伝えられるように、しっかり練習しておくと、当日になっても頭が真っ白になることがなく、ハキハキと受け答えをすることができるのです。そして、採用試験の準備が始まるので、履歴書や成績証明書を準備し、志望動機などをきちんと答えられるようにしておくといいでしょう。

卒業後も続くサポート

いざ、社会福祉士の仕事に就いても、実際に働いてみると現実と理想のはざまで不安を感じてしまうことがあるかもしれません。そういった時でも、新潟の専門学校の講師は経験を元に適切なアドバイスをしてくれるので、いつでも頼ることができるのです。